群馬県桐生市の荒木恵司市長と地域住民らが直接意見を交わす「まちづくりミーティング」が26日、同市の市保健福祉会館で開かれた。「つながり、支え合える子育て環境づくり」をテーマに、子育ての悩みを抱える人を支援する市民団体「メリーのいえ」のメンバー4人が課題、要望を挙げた=写真

 同団体の小川純恵代表は活動内容について、子どもの発達や不登校などに悩む親が、孤立せずにつながり合える場を提供していると紹介。交流会や座談会のほか、今年導入した相談者の役割を担う「子育てメンター」制度などを説明した。

 活動から見えた子育て支援の課題として、悩みがある人の孤立や不安によって悪循環に陥ってしまう点などを指摘。メンバーは「学校以外で学べる場所の情報にたどりつきやすくなればいい」「校内にフリースクールのような場所をつくってあげることで、学校に居やすくなるのではないか」などと提案した。