「梅田のバナナジュース」と根岸社長

 キャラメルナッツ製造販売の「Hand(ハンド)」(伊勢崎市昭和町、根岸正典社長)は、直営店のナッツファクトリー(同所)で販売する「梅田のバナナジュース」(450円)を暑さに連動して割り引きする「猛暑サービス」を始めた。

 店舗の外気温計が35度以上になった時点で終日390円にする。温度計の表示はSNSで配信する。8月末まで。

 今夏、同市が6月としては国内最高気温(40.2度)を記録したことがきっかけ。近くのバナナ専門店「梅田商店」から購入し、提供するこだわりの看板メニュー「バナナジュース」を対象にした。同社は「バナナは熱中症の予防効果が指摘されている。暑い日の来店に感謝の気持ちを表したい」としている。

 サービス開始に合わせ、店先にミスト装置を設置。来店客に涼も提供する。根岸社長は「暑さを逆手に取ったサービスで、県内外からも大勢の人が市内に訪れてほしい」と話している。

 午前11時~午後6時。問い合わせは同店(電話0270-61-7597)へ。