宝泉-笠懸南 タイブレークの延長8回表宝泉1死三塁、山崎の左犠飛で安倍が生還し4点目=上毛新聞敷島

 第57回群馬県中学校総体は1日、前橋市内で2競技を行い、軟式野球は太田宝泉が38年ぶり2度目の頂点に立った。サッカーは桐生大付が中止の一昨年をまたいで大会3連覇となる3度目の優勝を果たした。この日で夏季17競技が終了。駅伝は11月、冬季のスケートは11、12の両月、スキーは来年1月に行う。

 ▽決勝
太田宝泉
00100003|4
00000100|1
みどり笠懸南
(延長八回、八回からタイブレーク)

【太】荒木、栗原―久保田
【み】藤生、小島、稲葉―稲葉、関口▽二塁打 上田(太)、石井(み)
 ※太田宝泉は38年ぶり2度目の優勝。上位2校は関東大会へ。

Wエース躍動 堅守も支える

 軟式野球は、太田宝泉が春の県大会に続いて優勝を飾った。今大会2試合目となったタイブレークの熱戦を制しての栄冠に...