日本代表として車いすソフトボールの国際大会、ワールドシリーズに出場する平井(左)と大谷

 車いすソフトボールの国際大会、ワールドシリーズ(4日~、米国・シカゴ)の日本代表に捕手の平井修(42)=群馬県前橋市=と外野手の大谷楓(27)=伊勢崎市=がそれぞれ選ばれた。新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年は代表活動がなく、21年も国内合宿を実施したのみ。今回が3年ぶりの国際大会となるだけに、平井らは「非常に楽しみ。自分たちの力を思い切り発揮したい」と実戦を心待ちにしている。

「国別の優勝を狙う」

 代表は昨年12月に実施した選考会を中心に、所属チームでのプレーなどから総合的に選考され、県勢2人を含む計20人が選ばれた。18年から継続して選出されている平井は...