是枝監督の最新作「ベイビー・ブローカー」(c)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co. , Ltd. , ALL RIGHTS RESERVED
是枝監督(c)藤井保

 映画「万引き家族」などで知られ、世界的に活躍する是枝裕和監督を招いたトークイベントが28日、群馬県高崎市の高崎電気館で開かれる。同日から最新作「ベイビー・ブローカー」の上映が同館で始まるのを記念し、作品上映後に開催する。観客との質疑応答を交えて行われ、同館は「是枝監督から直接話を聞き、質問できる貴重な機会」と来場を呼びかけている。

 是枝監督は東京都出身。「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを獲得した。高崎映画祭では「そして父になる」の最優秀監督賞など8作品で受賞歴がある。

 「ベイビー・ブローカー」は韓国が舞台。親が育てられない子を匿名で預かる「赤ちゃんポスト」を巡り、赤ん坊をあっせんするブローカーの男2人とポストに子どもを預けた母親が共に養父母探しの旅に出かけ、その後を刑事が追う人間ドラマ。主演のソン・ガンホさんがカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞するなど高い評価を得ている。同館では28日から9月4日まで上映する。

 イベントは28日午後1時の回を上映後に1時間ほど行う。映画を鑑賞した人がそのまま参加できる。イベント付き料金は2千円(25歳以下1500円)。定員200人。チケットは5日から窓口で販売し、定員に達し次第受付終了。通常の同作の料金は一般1800円。問い合わせは同館(☎027-395-0483)へ。