群馬県警組織犯罪対策課と太田署は3日、窃盗の疑いで静岡県島田市、塗装工の男(27)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は仲間と共謀して7月12日午後4時50分ごろから、金融機関職員を装って栃木県足利市の女性(86)方に「キャッシュカードが古くなっている。新しくした方がいい」「手続きに暗証番号が必要なので教えてほしい」「カードを確認しに行く」などとうその電話を複数回かけた。同5時15分ごろ、金融機関職員を装った男が女性方を訪れ、女性からキャッシュカード1枚を受け取り封筒に入れ、隙をみて別のカードが入った封筒と入れ替えて盗んだ疑い。

 翌13日までに、盗まれたカードで栃木、埼玉県内のコンビニの現金自動預払機(ATM)から計200万円が引き出されていた。

 同署によると、容疑を認めている。