4日午前8時50分ごろ、埼玉県本庄市のJR上越新幹線本庄早稲田駅で、東京発越後湯沢行き下り「たにがわ403号」でドアの開閉に不具合が発生した。乗客乗員にけがはなかった。

 JR東日本新幹線統括本部によると、たにがわ403号は本庄早稲田―越後湯沢間で区間運休した。乗客は熊谷駅まで戻った後、後続の列車に乗り換えた。約500人に影響した。

 同社が不具合の原因を調べている。