2021年に行われた八ツ場あがつま湖のライトアップ(ノアから撮影)

 8月8日の「八ツ場の日」にちなみ、群馬県長野原町の八ツ場あがつま湖周辺の地域振興施設が連携するイベント「八ツ場あがつま湖グリーンフェスティバル」が6~8日、湖周辺の各施設で開かれる。

 川原湯温泉あそびの基地NOA(ノア)、道の駅八ツ場ふるさと館、やんば天明泥流ミュージアム、八ツ場湖(みず)の駅丸岩など八つの施設・団体が参加。コロナ下に配慮して分散開催し、各施設を巡ると景品がもらえるスタンプラリーも実施する。

 各施設で物販やプレゼントを企画。ノアでは、3Dプリンターによる木工品販売のほか、地ビール製造の川原湯温泉醸造舎による「ビア祭」(6、7日午後)、軽トラ市(8日)が開かれる。メインイベントとして、8日午後7時ごろからはカヌーによる湖面のライトアップが行われる。

 川原湯温泉協会などでつくる実行委員会が「八ツ場の日」を盛り上げようと昨年から始めた企画で、町や県、国土交通省利根川ダム統合管理事務所が後援する。

 問い合わせはノア(info@yamba-kawarayu-noa.com)へ。