体験会への参加を呼びかけるクロスフィット指導者の木村さん

 一般社団法人アジアジュニアゴルフ協会(AJGA)が20日、群馬県前橋市にAJGAゴルフアカデミー群馬を開校する。多彩なハードトレーニングを組み合わせる「クロスフィット」の要素を子ども向けに応用し、身体能力を総合的に高めることを目指す。県内ジュニアゴルファーの技術向上と競技人口の拡大を目指す。

 指導するクロスフィット前橋(前橋市大友町)の木村祐貴代表によると、ゴルフは他競技と比べて基礎的な運動能力を高めるという考え方が薄かったが、飛距離を追求する潮流が世界的に強まっている。

 クロスフィットはメニューを組み合わせて持久力や筋力、柔軟性、俊敏性など10の力を伸ばす。木村さんは「成長期の体づくりは大切。子どもにもできる安全なメニューに変えつつ、体幹や体の各パーツの連動力などを育てたい」とする。

 ゴルフの実技はAJGAで腕を磨いたティーチングプロの折茂あやめさんらが教える。AJGAは、石川遼選手の高校時代の指導者として知られる吉岡徹治さんが立ち上げ、ゴルフ合宿などを行っている。

 理事の大塚友広さんは富岡市出身で、自身のスコアを短期間で上げた体験をまとめた著作がある。指導も担う大塚さんは「トップを目指す子も成長期のスポーツとして楽しむ子も運動能力を高められる環境を用意して、ゴルフの裾野を広げたい」と話している。

 ゴルフの実技指導とクロスフィットを週1回ずつ、月額1万5000円で提供する。20日午前10時からクロスフィット前橋で無料体験会を開く。対象は大学生以下。問い合わせは事務局の電子メール(ajgagunma@gmail.com)へ。