長野県警は4日、北アルプス・槍ケ岳に登山した前橋市の会社員の男性(60)の行方が分からず、遭難の恐れがあると発表した。

 長野県警によると、男性は2日に1人で同県の上高地から入山し、槍ケ岳の北鎌尾根(標高約3000メートル)付近で音信不通となった。家族からの救助要請があり、5日早朝からヘリで捜索している。