戦国時代の末期、国峰城(甘楽町)の城主、小幡信貞の腰元として城中に上がり、その美しさから周りの嫉妬により1586...