30年ぶりの甲子園に臨む樹徳が、夢舞台で思う存分力を発揮してほしいと願いながら見守った。

 群馬大会でチームをけん引した先発の亀井颯玖選手の投球に注目したが、緊張もあるのか本来の投球ではなかった。全体的にボールが高く、ストレートもシュート回転気味。左肩の開きが早く、得意の変化球でストライクを取れずに苦しんでいた。

 投手の球速に注目が集まりがちだが、それ以上に大事なのは...