飲酒運転をさせて故意に交通事故を起こし現金を脅し取ったとして、群馬県警桐生署は1日までに、恐喝の疑いで、伊勢崎市、派遣社員の女(20)ら男女3人を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、高崎市、会社役員の男(22)、埼玉県本庄市、会社員の男(20)の両容疑者。

 3人の逮捕容疑は共謀して昨年10月28日夜、みどり市内の市道で、桐生市の男性会社員=当時(29)=が飲酒運転する乗用車と故意に接触事故を起こし、「飲酒って、50万(円)以下の罰金だよ」などと現金を要求し、65万円を脅し取った疑い。

 同署によると、3人はいずれも容疑を認めている。女がマッチングアプリで知り合った男性にみどり市内の飲食店で酒を飲ませて飲酒運転をそそのかした上で、22歳の男が運転し、20歳の男が同乗する乗用車を対向側から接触させた。3人は知人同士という。