「神部先生、その節はお世話になりました」。先日、近くの銀行の駐車場で卒業生U君のお母さんが、わざわざ声をかけてく...