私は現役時代、業務出張でアジアや欧米の国々を度々訪れる機会に恵まれた。そのたびに異文化のギャップを肌で感じること...