「デザイン経営」を支援

 当社は前橋に本社を置く広告会社です。デザインに強みをもつマルキンアドと、デジタルマーケティングに強みをもつJOETSUデジタルコミュニケーションズと共に、企業における最適なコミュニケーションの実現をご支援しています。

 近年、企業経営において、デザイン思考やアート思考、あるいはリベラルアーツ等の領域が注目されています。従前の論理的・理性的な経営管理・情報処理技術だけではイノベーションや変革を起こすことが難しくなっている状況を象徴しています。

 経済産業省と特許庁は、2018年に「『デザイン経営』宣言」を発表しました。「デザイン経営」とは、デザインを企業価値向上のための重要な経営資源として活用するものと定義しています。つまり、デザインの思考や技能を経営課題解決に役立てていくということです。その効果として、ブランド力の向上とイノベーション力の向上を通じた企業競争力の向上を挙げています。米国の資料ではデザインに投資した企業はS&P500全体と比較し過去10年で2・1倍成長したと報告されています。デザイン経営のポイントは、経営チームにデザイン責任者がいること、戦略構築の検討段階からデザインが関与することにあります。JOETSUグループでは、企業変革、新規事業開発、人材獲得など経営者が直面する課題に、企画立案段階から伴走し、最適なコミュニケーションデザインをトータルで提供する「デザイン経営」支援に注力してまいります。