秋の訪れを告げるシュウカイドウが、群馬県川場村門前の吉祥寺で見頃を迎えている。本堂裏にある「昇竜の滝」や池の周辺に咲き、淡いピンクの花が黒い岩肌や緑の葉とのコントラストで色鮮やかに浮かび上がる。

 シュウカイドウは晩夏から秋にかけて開花するベゴニアの仲間で多年草。同寺は「今年は例年より早く咲き出した。猛暑の影響で咲き具合を心配したが、滝の周辺などできれいに咲いた」としている。

 同寺は「花寺」として知られ、四季の移ろいが楽しめる。拝観時間は午前9時~午後5時(入場は同4時まで)。拝観料は大人800円、子ども350円。