19日午後3時ごろ、群馬県沼田市岩本町の国道17号で、同市内から渋川市内方面へ進行中だった埼玉県久喜市の男性(38)の運転する軽乗用車が、対向して来た沼田市の会社員の男性(67)の運転する乗用車と衝突した。軽乗用車に乗っていた4人が重軽傷、乗用車の2人が軽傷を負った。

 県警沼田署によると、軽乗用車に同乗していた埼玉県加須市の男性(39)が右手首骨折などの重傷、男性の妻(37)が頭を強く打ち両脚の骨を折る重傷、東京都武蔵村山市の会社員の男性(41)が右肘の打撲などの軽傷。軽乗用車を運転していた男性と乗用車の2人の負傷状況は調査中。

 どちらの車も右前部が大破していた。軽乗用車の4人はレジャーから帰宅途中で、乗用車の男性は買い物からの帰宅途中だったという。同署が事故原因を調べている。