▼園芸店をのぞいたらシクラメンがずらりと並んでいた。本県は昨年の出荷量が全国6位、出荷はいま最盛期を迎えている

 ▼原産地は地中海沿岸で、明治初期に日本に入ってきた。和名はカガリビバナ。歌人の九条武子が「篝火(かがりび)のよう」と話すのを聞き、植物学者の牧野富太郎が命名したという

 ▼植物分類学の世界的権威だが、学歴と学閥の壁に阻まれ苦労の人生を送った。東京帝大の植物学教室に出入りを許されたが、主任教授から教室の書物や標本を見ることを禁じられた。抗議は聞き入れられず帰郷。教授が学内の権力争いに敗れて罷免され、月給15円の助手として呼び戻された

 ▼結婚し、子どもが13人生まれたが給料は据え置き。家族が多いうえ、大量の標本と書物があって小さな家には住めない。借金は2千円に膨らみ、家財道具を競売に掛けられた

 ▼篤志家の援助で救われたが、研究成果を発表するようになると、教授にねたまれ、悪口を言いふらされるようになった。困ったのは昇給を阻まれたこと。最後は大学から辞めるよう引導を渡された。47年間勤めて月給は75円。大卒の初任給と変わらなかった

 ▼妻の寿衛子は文句を言わずに支えた。亡くなると新種のササを「スエコザサ」と名付けた。〈草を褥(しとね)に木の根を枕、花と恋して五十年〉。生涯に発見した新種は1千種、新変種は1500種。植物への恋心は最期まで冷めなかった。