鉄道車両内から部品を盗んだとして、群馬県警前橋署は21日、窃盗の疑いで、鉄道会社社員の男(20)=茨城県常総市=を逮捕した。

 逮捕容疑は4日午前1時35分ごろ~同2時40分ごろ、前橋市のJR東日本高崎車両センターに保管されていた車両から、行き先駅名を表示する機器や、ドアを開閉するためのスイッチなど4点(時価53万4000円相当)を盗んだ疑い。同署によると、容疑を認めている。

 JR東日本高崎支社によると、8月以降で同種の窃盗被害がほかにも5件あるという。同支社は「セキュリティーを強化するなど、今後も対策を取りたい」とした。

 男の勤務先の茨城県内の鉄道会社は、男が捜査を受けていたことは把握しているとした上で、「捜査中のためコメントは差し控える」とした。