政府は6日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、3例目の国内感染が確認されたと発表した。イタリアに滞在歴のある30代の日本人男性で1日に羽田空港に到着した。日本人のオミクロン株感染判明は初めて。岸田文雄首相は6日の自民党役員会で新型コロナ対応に関し「限られた医療資源をオミクロン株の対応に集中させる。機動的に国民の命を守る対策を講じる」と語った。

 厚生労働省によると、男性と飛行機で同乗した乗客は41人で、全員を濃厚接触者として健康観察する。オミクロン株感染の30代男性は、今年7月と8月に米モデルナ製ワクチンを2回接種していた。