6日、中国外務省で記者会見する趙立堅副報道局長(共同)

 【北京、ワシントン共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は6日、米国が来年2月の北京冬季五輪に政府当局者を出席させない「外交ボイコット」に踏み切れば、対抗措置を取ると述べた。米中の対話や協力に影響が及ぶとの認識を強調した。対立がさらに激しくなる可能性がある。

 趙氏は定例記者会見で「スポーツを政治問題化するべきではない。ボイコットはやめるべきだ」と米国に要求。「一部の政治家が招待されてもいないのにボイコットと騒ぎ立てている」と非難した。「来ようが来まいが誰も気にしない。北京五輪の成功に影響はない」とも話した。