探査機はやぶさ2が地球へ持ち帰った小惑星「りゅうぐう」の岩石試料(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、探査機はやぶさ2が昨年12月に地球へ持ち帰った小惑星「りゅうぐう」の岩石試料について、早ければ論文を来年春ごろに発表したいとの考えを示した。成果は小惑星研究における「大発見」としている。地球帰還1年を受けて開いた記者会見で説明した。

 分析を担う臼井寛裕・地球外物質研究グループ長は、論文を年内にも有力科学誌に投稿するとした上で「隕石のように地球に届く際に(大気などで)汚染されておらず、宇宙にあったそのままの情報が得られる」とした。科学誌に投稿された論文は、依頼を受けた専門家によるチェックを受けてから掲載される。