【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は8日、加盟国に輸入制限などの「経済的な圧力」をかけて政策を変更させようとする域外国への対抗策として、迅速に報復するための新たな制度案を発表した。貿易を政治的手段として利用しているとEUが非難する中国などを念頭に置いているとみられる。

 加盟国や欧州議会で今後協議される。新制度では、域外国からの「経済的な圧力」が認定されれば、欧州委は高関税などの対抗策を取ることができる。ただ、こうした措置はあくまで他に方法がない場合の「最後の手段」として用いられると強調している。