カウンター越しに客と歓談する前田美代子さん(左)

 群馬県館林市を舞台にしたアニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所(通称・よりもい)」で主人公らが利用するカフェのモデルになった喫茶店「カフェ・ド・スタール」が、11日の営業を最後に閉店する。東武館林駅前にあり、同アニメのファンや地元の人に親しまれてきたが、店主の前田貴章さん(59)が体調を崩して店に立てなくなり、閉店を決めた。代わりに営業を続けてきた妻の美代子さん(45)は「地元だけでなく全国からも来てくれて、感謝の気持ちでいっぱい」と話している。

 貴章さんが従業員として働いていた店を引き継ぎ、2013年にオープンした。店名は美代子さんが好きなロシアの画家、ニコラ・ド・スタールから名付けた。ホットドッグ(650円)やカレーライス(850円)が看板メニューで、駅利用者や地元の人たちに愛された。

 18年にテレビ放送が始まった「よりもい」に同店が登場して“聖地”に。作中で主人公の幼なじみが座る席が人気を集めたほか、同時期に店で提供したプリン(200円)が主人公の好物と偶然重なり、ファンの間で話題になるなど交流が続いていた。

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて休業していた9月末ごろ、貴章さんが脳出血で倒れて入院し、後遺症から再び店に立つことは難しくなった。急きょ10月から、美代子さんが友人らの助けを得ながらランチ営業を始めたが、年内での閉店は決めていたという。

 「全国から来てくれたよりもいファンに感謝している」と美代子さん。店は知人が年明けから新しいカフェを開業する予定。店の雰囲気やファンの聖地として引き継ぐ考えを示してくれているとして、「人が集まる温かくて大事な場所が続いてくれたら」と話した。

 営業は午前10時~午後2時。