走行中の列車内での殺傷事件が全国で相次いだことを受け、JR東日本高崎支社は14日、群馬県高崎市のJR高崎駅構内で、実際の車両を使ったテロ対策訓練を実施した=写真。同支社と県警の計約80人が参加し、連携を確認した。

 同支社が京王線や九州新幹線などでの事件後、車両を使う訓練は初めて。県警は警備2課や鉄道警察隊、高崎署などが参加し、上信電鉄の関係者も見学した。

 訓練は高崎線の車内で、同駅の発車直後に事件が発生したとの想定。2号車でサバイバルナイフを持った犯人役が「早く電車を走らせろよ」「ぶっ殺すぞ」などと騒ぎ、乗客役は車両に備え付けたSOSボタンで乗員に通報し、後方の車両に逃げた。乗員は椅子の背もたれを取り外し、盾の代わりに持って接近。その後は刺股と盾を持った警察官が取り押さえた。

 高崎署の竹田利之警備課長は「車両を使った訓練はなかなかできないので今後に生かしたい。市民には不審者を見たら近づかず、通報して身の安全を守ってほしい」と話した。