群馬県内は14日、夜間の放射冷却などの影響で冷え込んだ。最低気温は田代(嬬恋)で氷点下7度、草津で同6.2度、沼田で同5.4度を記録するなど、13観測地点中7地点で今季最低を記録した。

 同日早朝、厳しい寒さとなった前橋市の赤城山の小沼ではうっすらと氷が張った。雪化粧した湖畔を歩くと、高さ5センチほどの霜柱が小気味よく音を立てた=写真

 前橋地方気象台によると、15日は県内全域で晴れて寒さが和らぐ見込み。予想最高気温は前橋15度、みなかみ9度。