群馬大医学部附属病院(群馬県前橋市)で10月、院内の水道水(浄水した井戸水)から基準値を大幅に超える窒素を含んだ物質が検出された問題で、同大は16日、配管の腐食を防ぐ薬剤が入った空調用の水が水道水に混入したことが原因と特定したと発表した。混入を防ぐ措置を取り、一部で休止していた給水を同日再開した。

 同大によると、原因があるとみていた北病棟に関係する水道配管は、空調用配管とバルブを介して結合し、空調用の水が減って圧力が低下するとバルブが開いて補給する仕組み。劣化によりバルブが開放状態となり、空調水が逆流してしまっていたとみられる。...