強い風とともに雪が降り続き、路面が真っ白に積もった沼田市街地=17日午後9時45分ごろ、沼田市西倉内町(多々納萌撮影)
大雪での立ち往生を想定した訓練で、体調不良を訴える人を救護する県警高速隊員ら=16日午前、富岡市の上信越道富岡インターチェンジ

 冬型の気圧配置が強まる影響で、前橋地方気象台は17日、群馬県北部を中心に18日にかけて大雪になる恐れがあると発表した。北部山地の多い所で、同日夜までの24時間降雪量が70センチに達すると予想している。昨年12月の大雪では群馬、新潟県境の関越道で多数の車両が立ち往生したことを踏まえ、関係機関は「不要不急の外出を避け、冬用タイヤの装着を進めてほしい」と強調。スリップ事故や公共交通の乱れといった交通障害に注意を呼び掛ける。

 気象台によると、17日午後10時現在、積雪は藤原(みなかみ)が11センチ、草津は2センチ。

 沼田市内では同日夜から降り始めた雪が次第に強まり、午後10時前には路面が真っ白に覆われた。風が強い時間帯もあり、市街地では歩行者が足元に気を配り、車は徐行しながら走る様子が見られた。

 18日午後6時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で北部の山地70センチ、平地10センチ、南部の山地5センチの見込み。利根沼田地域では警報級の大雪となる可能性がある。雪の勢いは18日朝にかけてピークを迎えるとみられ、落雪や路面の凍結にも注意が必要としている。同日の予想最高気温は前橋が6度、みなかみが氷点下1度。

 大雪の予想を受け、国土交通省高崎河川国道事務所はみなかみ町に除雪車や凍結防止剤の散布車など計5台を配備。道路上の電光板で冬用タイヤ装着とチェーンの携行を呼び掛ける。除雪を担う県建設業協会も、降雪や作業状況をツイッターで発信する。

 JR東日本のホームページによると、17日午後10時現在、雪の影響で上越線は新潟県内の一部区間で運転を見合わせている。

 昨年は高速道で車両の立ち往生が発生し、対策が課題となった。ネクスコ東日本関東支社によると、今月中旬にサービスエリア7カ所で実施した調査で、乗用車や軽乗用車といった小型車の冬用タイヤ装着率は49.7%にとどまった。同社は積雪時の夏用タイヤでの走行は大変危険だとして「冬用タイヤやチェーンを使い、安全な運転を心掛けてほしい」と強調する。

 立ち往生を予防するため、同社など高速道路3社は気象状況に基づき、3時間前を目安に通行止め区間を決め、ドライバーに周知する対応も取る。

 県警高速隊などは16日、富岡市の上信越道富岡インターチェンジの敷地内で、雪で車が動けなくなった状況を想定した訓練を実施。ドライバーに声を掛け、安否を確認するなど迅速な動きを確かめた。小室篤隊長は「今年も大雪が予想されている。しっかりと準備をしたい」とした。