群馬県富岡市出身者らプロ野球選手4人による野球教室が19日、同市のYokowo富岡市民球場で開かれた=写真。甘楽富岡地域の学童野球チームに所属する児童約40人が、プロの技術や競技の楽しみ方を学んだ。

 講師は、ともに同市出身の長坂拳弥捕手(阪神)と湯浅大内野手(巨人)、高崎市出身の柘植(つげ)世那捕手(西武)のほか、山田遥楓内野手(同)が務めた。子どもたちは選手との会話を楽しみながら、準備運動やキャッチボール、打撃といった指導を受けた。

 湯浅内野手は守備練習で手本を見せ、「ゴロを捕る時はボールの右側から入って」「送球では足先を相手に向けて」などと助言。内野手の松井潤晴君(12)=甘楽新屋小6年=は「分かりやすかった」と話した。

 地域貢献活動の一環としてJA甘楽富岡(鷺坂秀幸組合長)が2019年から開いており、今回で3回目。