現場を調べる捜査員=21日午前7時35分ごろ、太田市飯塚町

 路上で通行中の女性を押し倒して財布を奪ったとして、県警捜査1課と機動捜査隊、太田署は21日、強盗の疑いで、群馬県太田市出身で住所不定、無職の男(65)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前5時40分ごろ、太田市飯塚町の市道を20代女性が歩いていたところ、後ろからいきなり抱きついて押し倒し、頭や背中を殴りながら「声を出すな」「命は取らない」「財布は持っているか」と脅迫し、現金3万円などが入った財布を奪った疑い。女性にけがはなかった。

 同署によると、容疑を認め、「金がなく生活がきつかった」と供述している。事件後、徒歩で逃走したが防犯カメラ映像などから男が浮上し、捜査員が市内で発見、職務質問をして緊急逮捕した。

 現場は東武太田駅の南約1.5キロで、学校や病院、消防署分署、太田交通安全協会などが点在する。近所に住む40代の女性は「朝起きたらパトカーが来て何事かと思った」と驚いた。事件発生時間帯は薄暗く、ほとんど人はいないという。「とても静かな場所。消防署や交通安全協会もあって安心な場所だと思っていたのに」と不安そうな様子だった。