年末恒例の白衣大観音のすす払いが22日、高崎市の慈眼院で行われた。僧侶や職員が高さ約40㍍の観音像の足元から、竹ぼうきを使って1年の汚れを落とした。