業者のトラックが出入りするスバル群馬製作所(太田市)。部品供給の停滞で生産調整が続く

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に端を発した自動車各社の生産調整は2021年も続き、国内経済に影を落とした。群馬県内に国内唯一の完成車工場を置くSUBARU(スバル、東京都)でも減産体制が続き、22年3月期の生産計画は当初より17万台減の86万台に下方修正を余儀なくされた。半導体不足による部品供給の停滞など見通しがつかず、影響は長引きそうだ。

 スバルは20年夏から秋にかけて生産を加速させて挽回を狙ったが、今年1月以降は世界的な半導体不足という新たな足かせに悩まされた。今夏以降は東南アジアでのコロナ感染の再拡大も響く。同社は部品調達を担当する役員を増やすなど体制強化を図る。

 太田市にエンジンを製造する新田工場がある日野自動車(東京都)でも操業停止が相次いだ。来年1月に中型トラックなどを製造する茨城県の古河工場を3日間停止する予定で、回復は遠のく。

 県内の部品供給業者は先の見えない状況に頭を抱える。館林市の金属加工業の男性社長は「雇用調整助成金などの支援を活用して乗り切ってきた。今は耐えしのぐしかない」とため息をつく。

◇   ◇

 2021年も残りわずか。新型コロナウイルスの影響が続き、混迷した県内経済を振り返る。

主なニュース 1~3月

【1月】

14日 イトーヨーカドー伊勢崎店が閉店し、県内から全店が撤退へ

19日 ヤマダホールディングスが家電販売事業などの組織再編を発表

26日 20年の県内の休廃業件数が最多だった10年と並ぶ802件に

30日 県内の20年平均の有効求人倍率で、前年からの下げ幅がリーマン・ショック後の09年に次ぐ水準に

【2月】

5日 甘楽町に「めんたいパーク」が新設へ

19日 ジンズが佐賀県に新店を出し、47都道府県への出店を達成すると発表

27日 20年の県内旅館やホテルへの宿泊者数が現在の統計手法となった11年以降で最少に

27日 ブックオフの新ブランド「REMARKET(リマーケット)」の1号店が前橋リリカに開店

【3月】

2日 サンデンホールディングスが中国の電機大手、海信集団(ハイセンス)傘下で経営再建を目指すと発表

20日 住宅設備大手LIXIL(リクシル)子会社の前橋工場が23年に閉鎖へ

24日 公示地価で全用途の平均変動率の下落率が9年ぶりに拡大

26日 「愛郷ぐんまプロジェクト」の第2弾が開始

(日付は掲載日)