ノーベル医学生理学賞を受賞された山中伸弥さんや本庶佑さんの例を出すまでもなく、医学部は生命科学の研究者育成に大きな役割を果たしてきました。人体の正常構造や機能、病気の成り立ちや治療法まで総合的に学べる医学部の教育課程は、ヒト全身を見て考えることのできる研究者の育成に適しています。大学院は他学部出身で医学研究を志望する学生にも門戸を開いています。群馬大は重粒子線をはじめとするがん研究やホルモンの乱れで生じる病気の研究、神経科学の研究などで成果を上げてきました。

 しかし、最近、わが国における生命科学分野の研究論文数は他国に比べ減っています。理由として、研究費の伸びが頭打ちであることや、臨床や教育に費やす時間が増え、研究に費やす時間が減っていることなどが挙げられています。加えて、今後さらに深刻な問題となりそうなのが、研究医を志望する学生の減少です。

 群馬大医学部は、大学院大学として多くの基礎・臨床研究者を輩出してきました。しかし、現在、医学系研究科大学院(博士課程)志願者と、医学研究を志す他学部卒業生を受け入れる修士課程志願者がともに定員割れとなっています。学部のうちから研究に携わるためのMD-PhDコースを選択する学生も減っています。群馬大だけではなく、全国の国立大学が同様の状況です。

 研究志向の学生が減る原因の一つは、大学教員が「忙しすぎる」のを目にしているためかもしれません。診療や教育業務に加え、雑用をこなしながらの研究となると帰宅は遅くなります。時間をかけても成果が出るとは限らないのも研究の難しいところです。なんとか研究をやり遂げた後の達成感を味わってほしいのですが、自由時間が少ないことや、成果が出るか分からない不安定な環境は魅力的でないのかもしれません。

 最近、若手医師や学生たちのキャリア形成に関する考え方が変わったと感じます。以前は若いうちの一定期間は大学院で研究をする、というのが通常でした。病気のメカニズム解明や治療法開発などを目的に研究することは、たとえ臨床医になるとしても、重要なトレーニングと考えられてきました。しかし、臨床研修制度の改編とともに、研究するよりも、まず医師としてキャリアを積み、専門医の資格を取って臨床医として従事することを優先する人たちが増えたように感じます。

 医学教育コアカリキュラム(いわゆる医学教育の学習指導要項)にも「リサーチマインドの育成」と銘打たれてはいるのですが、現在の状況が続けば研究人材不足は深刻化します。研究基盤が弱くなれば、新たな産業も創出できなくなります。なんとかして、研究医の道に進む学生を増やしたいと考えています。



群馬大大学院医学系研究科応用生理学分野教授 鯉淵典之 前橋市表町

 【略歴】群馬大医学部卒業後、米国大学勤務を経て現職。専門は環境生理学、内分泌代謝学、医学教育。大学での教育、研究以外に臨床医として診療にも当たる。

2021/04/02掲載