「反町薬師」の名で親しまれている群馬県太田市新田反町町の照明(しょうみょう)寺(石塚龍雄住職)の新春恒例の大縁日が4日開かれた。薬師如来が祭られている本堂で護摩がたかれ、多くの参拝客が家内安全や商売繁盛を願った=写真

 参拝客は早朝から訪れ、敷地の外まで長い列ができた。同市の町田幸一さん(75)、一美さん(80)夫妻は「早くコロナが落ち着き、マスクなしでみんなの笑顔が見える生活に戻ってほしい」と願った。少年野球に打ち込む伊勢崎あずま小4年の小池琢斗君、弟で2年の理仁(りひと)君は「バッティングを練習し、ホームランを打つ」と今年の目標を掲げていた。