同地区の観光をPRする白井さん(下段中央)ら

 神奈川県西さがみ地区観光事業推進連絡会キャラバン隊が6日、群馬県前橋市の上毛新聞社を訪れ、シンガー・ソングライターで小田原ふるさと大使の白井貴子さん(62)と各市町の担当者ら計7人が同地区の自然や食の魅力をアピールした。

 同地区は小田原市、南足柄市、箱根町、真鶴町、湯河原町の5市町で構成する。梅で有名な小田原と湯河原をはじめ、3月に早咲きの桜「春めき」が見頃を迎える南足柄は華やかな自然が見どころという。担当者らは、春にかけて、雪をかぶった富士山を望める箱根、新鮮な海の幸を堪能できる真鶴など各地域のお薦めスポットを紹介した。

 白井さんは「温暖な気候で自然豊かな各地の魅力がギュッと詰まっている。ぜひ息抜きに足を運んでほしい」と呼び掛けた。

 同キャラバン隊は昨年12月から観光PRで全国の都市を回っており、名古屋市、大阪市に続いて3カ所目。今後、宇都宮市や仙台市なども訪問する予定という。