▼球音が近づいてきた。プロ野球は先月21日にオープン戦が始まった。冬期間、禁止されていた高校野球の対外試合は今月8日に解禁となる。健大高崎高が出場するセンバツは13日に組み合わせ抽選が控える

 ▼太田市を拠点とする富士重工業野球部の今季初戦は9日開幕の東京スポニチ大会。昨季終了後、13年ぶりに現場復帰した50歳の飯野勝利氏が指揮を執る

 ▼先月、太田市で行ったキャンプは「先入観は捨てる」と話して臨み、レギュラーと控え、ベテランと若手の隔てなく接して競争を促す

 ▼前回、野球部に直接関わったのはヘッドコーチだった2001年が最後。その年を境に金属バットの使用が禁止された。「パワー野球」とも言われた社会人野球は大きく変化した。得点が少なく、僅差の試合も多くなった。ただ「野球の本質は変わらない」という

 ▼打力のみに特化した選手も多かった以前より、個々の総合力は上と指摘した上で勝利に向けては「とんがっているところ」の集積が必要とみる。走力なのか、長打力なのか、広角打法なのか―。開幕まで「とんがり」を見極める

 ▼ふと、同社の 車造りが頭に浮かんだ。先月、累積生産台数が1500万台に到達した「水平対向エンジン」は世界でもまれな存在。約半世紀、変わらず作り続けてきた。両者に成功のヒントがある気がした。