「みどり・ひたちなか市民交流の会」(佐藤茂会長)は7日、群馬県みどり市大間々町大間々に臨時店舗を設けて、茨城県ひたちなか市特産のサツマイモを使った焼き芋や干物、海産物などの販売を始めた=写真。今月は金、土、日曜に営業する。

 昨年末から試験的に焼き芋販売を始め、好評だったことから週末営業に切り替えた。焼き芋は100グラム当たり100円。ひたちなか市の「焼いも館」で販売している「絶品紅」「焼芋ようかん」「サツマイモチップス」なども取り扱っている。開店を記念して竹馬、こま回し体験コーナーなども設けた。

 同会は東日本大震災の復興支援をきっかけに両市の交流活動を続けており、昨年11月にはみどり市のさくらもーる駐車場でサンマなどを販売するイベントを開いている。

 午前11時~午後3時。問い合わせは同会事務局(090-9016-4356)へ。