高校女子大回転 2本目で45秒23をマークし、逆転優勝した市村(嬬恋)=鹿沢スノーエリア
高校男子大回転 2本目で43秒27をマークし、逆転優勝した星野(沼田)=鹿沢スノーエリア
中学男子大回転 1年生ながら合計タイム1分27秒89で優勝した松本(嬬恋)
中学女子大回転 合計タイム1分29秒92で2連覇を達成した萩原(片品)

 第56回県高校・中学校総合体育大会のスキー競技は11日、群馬県嬬恋村の鹿沢スノーエリアで男女大回転を行い、高校の女子は市村さくら(嬬恋)が2年連続2度目の優勝、男子は星野翔飛(沼田)が優勝した。中学の男子は松本龍之介(嬬恋)、女子は萩原柚夏(片品)が制した。みなかみ町の水上高原スキーリゾートでは距離の男女フリーを行った。最終日の12日は男女の回転と距離クラシカルが行われる。

高校

 【男子】▽大回転 ①星野翔飛(沼田)1分26秒95(43秒68、43秒27)②川上勇貴(共愛学園)1分26秒97③星野雄聖(利根商)1分27秒17④中村和実(沼田)1分27秒43⑤幾島楓太(前橋育英)1分28秒23⑥中村太空(嬬恋)1分29秒21
 ▽9キロフリー ①小林怜央(利根商)31分21秒5②松本充貴(嬬恋)32分30秒1

 【女子】▽大回転 ①市村さくら(嬬恋)1分31秒12(45秒89、45秒23)②加藤愛奈(前橋育英)1分31秒23③黒岩咲(嬬恋)1分31秒66④梅沢真心(沼田女)1分33秒59⑤永井愛莉(新島学園)1分33秒73⑥平沼未菜(農大二)1分34秒42
 ▽6キロフリー ①本多来依(利根商)20分52秒0②花岡佳名(嬬恋)21分13秒6③本多留依(利根商)21分24秒2④鈴木華(同)21分44秒0⑤石井夏葵(嬬恋)22分53秒6⑥鏑木葵(尾瀬)24分5秒7
 ▽18キロリレー(6キロ×3)①利根商(本多来依、本多留依、鈴木華)1時間4分0秒2

 ※大回転男子上位6人、女子上位3人は全国大会へ。男女とも全出場者が関東大会へ。距離は男子上位2人、女子上位6人、リレー女子は上位1校が全国大会へ。

 反省生かし全国へ挑む 市村

 高校女子大回転を2連覇した3年生の市村に喜んだ表情はなかった。緩斜面から急斜面に切り替わるところで失速し、滑走に歯がゆさを感じたという。

 昨年の全国高校総合体育大会(インターハイ)は1回目スタート直後に転倒し、途中棄権。重心がやや後傾し、よろけやすい姿勢が原因だったと分析、フォームを徹底的に見直した。スキー板への操作を高められるよう、夏場は瞬発系のトレーニングを多く取り入れ、下半身の筋力を高めた。

 シーズンに入ると、昨年12月に北海道で約1カ月間、強化合宿で滑り込み、「これまでとは全然違う。滑りを一新した」と手応えを得ていた。だが、この日は「合宿以前の自分に戻っていた」。

 昨年のインターハイの動画は見られないという。今も悔しさと恥ずかしさが胸に残っている。「今回は優勝しか狙っていない」と最後の全国舞台へ改めて燃えている。

一皮むけて納得の表情 星野

 高校男子大回転は星野翔飛(沼田)が初優勝。大会こそ異なるものの、片品中当時の2020年に県中学校総体を制して以来、2年ぶりの「県総体頂点」に立った。

 一皮むけた滑降を見せた。12月まで、旗門の振り幅が大きいとリズム良く滑れず大回りしていたのを反省。この日はスキーを切り返す前に強く踏み込み、反動を生かした。「後半になるにつれて失速することが多かったが、修正できた」と納得の表情を浮かべた。

 今季からウエートトレーニングに取り組み始めた。筋持久力の向上に自信を持つようになり、「10位以内の入賞を目指したい」と全国舞台を見据えた。

中学

 【男子】▽大回転 ①松本龍之介(嬬恋)1分27秒89(44秒0、43秒89)②笠井琉雅(前橋六)1分28秒91③提箸柚宇(高崎佐野)1分28秒97④吉成龍之介(前橋六)1分29秒22⑤大島史彰(沼田)1分29秒39⑥田辺快斗(片品)1分29秒58
 ▽6キロフリー ①山口仁太郎(草津)18分18秒1②干川清矢(嬬恋)18分53秒9③宮崎大翔(同)19分58秒0④吉野憲汰(みなかみ藤原)20分29秒8⑤桑原颯希(片品)22分24秒9⑥萩原来人(同)23分7秒1
 ▽18キロリレー(6キロ×3)①嬬恋(橋詰琉芽、宮崎大翔、干川清矢)1時間2分40秒1②片品(桑原颯希、萩原来人、吉野碧紀)1時間9分22秒0

 【女子】▽大回転 ①萩原柚夏(片品)1分29秒92(44秒86、45秒06)②田辺瑠南(同)1分30秒31③坂田結(草津)1分30秒47④吉野実和(片品)1分30秒70⑤星野そよ風(同)1分31秒13⑥市村姫紀(長野原東)1分32秒36
 ▽3キロフリー ①大塚柚季(草津)10分11秒8②村田彩夏(同)10分52秒6③高橋優菜(片品)11分30秒9④中沢知愛(草津)11分54秒6⑤斎藤陽茉里(同)12分42秒7⑥星野あず(片品)12分57秒6
 ▽9キロリレー(3キロ×3)①草津(大塚柚季、中沢知愛、村田彩夏)32分59秒0

 ※大回転は男子上位5人、女子上位4人が全国大会へ。距離は男女とも上位6人が全国大会へ。

大回転優勝者

男子・攻めた滑降

 松本龍之介(嬬恋) 1年生らしく攻めた滑降ができた。小学6年で出場したジュニアオリンピックは4位に甘んじた。その時に優勝した選手を参考に、前傾姿勢を意識してスピードに乗りつつも、最短距離で旗門を回れたのが良かった。

女子・逆転うれしい
 萩原 柚夏(片品) 1回目のスタート直後、動 きが硬く、スキー板が重 なってしまい、勢いに乗 れなかった。それでも切り返しの際には外側の足に力を入れ、安 定した滑 降ができた。逆転勝ちできてうれしい。