スマートフォンによる確定申告を促そうと、館林税務署(平野忠範署長)は12日、群馬県大泉町の県トラック協会大泉支部で周知用のステッカーを関係者に贈り、トラックの後部に貼り付けられた。

 平野署長から同協会の川島満男副会長にステッカーが渡された=写真。ステッカーは縦10センチ、横50センチで、「スマホ×確定申告 スマート申告しませんか?」と書かれている。同支部と館林支部に各800枚配られた。

 平野署長は「新型コロナウイルス拡大防止の観点からも、会場に出向かなくても確定申告ができるスマート申告を積極的に活用してほしい」とあいさつ。川島副会長は「できる限り協力したい。これを機にスマート申告が広がれば」と期待を込めた。