数百羽のハクチョウが群馬県の高崎市新町と玉村町をつなぐ岩倉橋近くの烏川に今冬も飛来し、優雅な姿を見せている。12日は冬の日差しに照らされながらカモと“競演”し、訪れる人を楽しませていた=写真

 藤岡市から訪れた女性は「ハクチョウを近くで見ることができるので、毎年来ている。一日中いても飽きない」と話す。多くのアマチュアカメラマンも望遠レンズでシャッターチャンスを狙っていた。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。