藤岡商工会議所(小坂裕一郎会頭)は14日から、群馬県藤岡市の道の駅ららん藤岡の観光物産館で地元産イチゴ「やよいひめ」を円形のパッケージに詰めた「いちご一枝(いちえ)」=写真=を販売する。

 サクランボのようにつまんで味わえるように枝を4センチほど残したのが特徴。パッケージは、優れたデザインの商品を選定する2013年度の「グッドデザインぐんま」に選ばれた。

 1パック8粒入りでLLサイズ(1粒40グラム以上)が1200円、Lサイズ(同30グラム以上)が1000円。売り場では毎朝測定した糖度を掲示している。

 同商品は12年に開発され、毎年「いいいちごの日」(1月15日)の前後から3月中旬ごろまで販売している。同会議所(電話0274-22-1230)と会遊亭(電話0274-25-8411)では予約を受け付ける。