茨城県行方市
1月15日は“イチゴの日”です。 行方市のイチゴは茨城県銘柄産地指定を受けており、品質、味とも最高です。 10粒食べればその日のビタミンCの必要量を満たすといわれる、甘くておいしいなめがたのイチゴを、この機会にぜひご堪能ください。




【1月15日(イチゴの日)キャンペーン】
■期間
 1月15日(土)午前10時00分 から 1月16日(日)午後11時59分 まで
(必ず上記の期間内に商品の購入処理をしてください。ただし、各商品上限に達し次第終了となります。)
■内容
 行方市産イチゴ(いばらキッス、とちおとめ、やよいひめ)特別販売
(1)朝採れ食べ比べセット『いばらキッス2パック+とちおとめ2パック』
■販売価格:3,980円(税込・送料込)数量限定20セット
■特長:「いばらキッス」は茨城県で誕生し、2012年(平成24年)に品種登録されたイチゴです。「とちおとめ」と「ひたち1号(レッドパール×章姫)」を交配、選抜して育成されました。
果皮は光沢のある赤色で、果肉は淡赤色。サイズが大きく少し縦長の円錐形で、果皮はややかためです。糖度が高くてほどよい酸味があり、濃厚な甘酸っぱさを楽しめます。また果汁も多く、みずみずしい食感です。
■内容量:4パック
■販売元:JAなめがたしおさい
(2)朝採れ『とちおとめ(4パック)』
■販売価格:3,650円(税込・送料込)数量限定30箱
■特長:「とちおとめ」は栃木県農業試験場で育成され、1996年(平成8年)に品種登録されたイチゴです。安定した食味のよさと収穫量の多さで、東日本のシェア1位を獲得。その後もさまざまな品種が育成されていますが、とちおとめの人気は高く、長年にわたって親しまれています。
とちおとめは、糖度が高くてほどよい酸味があり、果汁も豊富。果実がしっかりしているので、比較的日持ちがよいのも魅力です。形は円錐形で光沢があり、サイズは大きめ。果皮は鮮やかな赤色で、果肉も中まで赤く染まります。
■内容量:4パック
■販売元:JAなめがたしおさい
(3)朝採れ『やよいひめ(4パック)』
■販売価格:3,650円(税込・送料込)数量限定100箱
■特長:「やよいひめ」は2005年(平成17年)に品種登録された群馬県生まれのイチゴです。「とねほっぺ」に「とちおとめ」を交配したものを育成し、それにさらに「とねほっぺ」を掛け合わせて誕生しました。
サイズが大きめで、果皮の色は少しオレンジがかった明るめの赤色。きれいな円錐形をしていて、果肉はかたく輸送性と日持ち性に優れます。また、甘味が強くてまろやかな酸味があり、風味のよいイチゴです。
〈JBBステビア農法とは?〉
JBBステビア研究所が開発したステビア農業資材を使用し、JBBステビア農法マニュアルに従って生産され、なおかつ、市場で評価された農産物です。ステビア農業資材は土を活性化させ、作物が本来持っている味、風味を取り戻します。王冠マークが特徴で、品質が認められたものしか認定マークはつけられません!
■内容量:4パック
■販売元:森作いちご園


■販売場所
 なめがたさんちの特選マルシェ
 https://www.namegatasanchino.com


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ