中国雲南省の玉渓

AsiaNet 94026(0092)

【玉渓(中国)2022年1月14日新華社=共同通信JBN】1月3日、中国・ラオス国際貨物列車サービスが1カ月間運行され、67万人の旅客と17万トンの貨物を輸送し、その価値は5億元(約7850万米ドル)を超えた。

中国南西部の雲南省にある玉渓市には、全長1035キロの中国・ラオス鉄道のうち145キロの区間があり、玉渓市中心部にはYuxi(玉渓)、Eshan(峨山)、Yanhe、Huanian、Yuanjiang(元江)の5つの駅がある。

2021年12月23日現在、玉渓駅を通過する旅客数は8万5000人を超えた。玉渓市宣伝部によると、12月27日にYanhe駅から玉渓初の国際貨物輸送列車が出発して以来、50カーゴ以上のコールドチェーン物資が輸送された。

中国・ラオス鉄道に乗ると、玉渓セクション沿いの独特の自然の風景や文化的習慣を体験するのに便利な方法が提供される。澄江化石遺跡はアジア唯一の化石世界遺産の場所で、カンブリア紀の地球生物の進化の歴史を明らかにしており、20世紀の最も驚くべき科学的発見の1つと見なされている。アイラオ山脈は熱帯と亜熱帯にまたがっており、国連によって森林生態系のポジショニング観察と国際的な渡り鳥保護のための人間・生物圏保護区としてリストされている。独特の歴史と文化を持つ玉渓は、世界中からの観光客を心から歓迎する。

ソース:The Publicity Department of Yuxi City

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=412650
画像説明:中国雲南省の玉渓