アニメ『永遠の831(はちさんいち)』先行試写イベントに登壇した斉藤壮馬 (C)ORICON NewS inc.

 WOWOW開局30周年記念として、30日の午後8時から放送・配信される神山健治監督・脚本による新作長編アニメ『永遠の831(はちさんいち)』の先行試写イベントが15日、都内で開催。声優を務める斉藤壮馬、M・A・O、興津和幸が参加した。

【動画】恐怖のあまり3年間できなかったことを告白した声優・斉藤壮馬

 『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズ、 『東のエデン』シリーズなど数々の名作を送り出し、 また新たな取り組みで全世界から注目を集めているアニメーション監督・脚本家の一人、神山健治による本作は、自分の思いとは裏腹に周囲の時間を止められる力を持った青年と、同じ“力”を持つ少女の出会いから始まる物語。

 自らの「行い」が原因で起きた事件により心に深い傷を負い、“時間を止める力”を得た主人公・浅野スズシロウ役を斉藤、スズシロウと同じ“力”を持つ女子高校生・橋本なずな役をM・A・O、半グレ集団・831戦線の中心人物・亜川芹役を興津が務める。

 斉藤は「この作品は1つの明確な主題をわかりやすく提示するタイプの作品ではないのかなと個人的に感じた。せりふの分量的に、スズシロウがモノローグで説明したり、彼の目線で物語はつむがれるんですけど、台本を拝読した際に、そこに書かれている」と同役への思いを語る。そして「あえて、個人的な解釈を差し引きしない。透明なフラットな目線でスズシロウくんに寄り添えたら、それが見てくださっている方への問いかけにつながるんじゃないか、と。芝居的にも誇張し過ぎずに。過不足なく表現できたらいいなと思いながら収録させていただいた」と思い返していた。

 また、かねてから斉藤は神山監督作品の大ファン。参加できたことは「ものすごくうれしかったですが、お仕事をさせていただく以上、そういうミーハーな気持ちで行くのはどうだろうか、と。現場では、たくさんはお伝えしなかったんですが、ファンです!」と神山監督の目を見つめて語った。「自分は縁が人が生きていく上で大事かなと思っている。今回、ステキなご縁がいろいろつながってスズシロウくんの声を担当させていただけて、非常にうれしいな、ありがたいなと思います」としみじみ。

 神山監督は「うれしいですね。僕も演じていただけて、よかった」とにっこり。「オーディションをする時に『必ず、その人の中に、キャラクターがあるはずだ』と声を聞かせていただいて、キャスティングさせていただいている。演じていただいて、皆さんの中に僕が望んでいたキャラクターを、おのおの持たれていた」とキャスティングした理由を説明していた。

 そのほか、オープニングテーマ「キンギョバチ」のカノエラナ、主題歌「ひとひらの未来」のangelaも登壇。それぞれ、歌唱も行った。