宿舎の激励文の前で健闘を誓う本県チームの選手たち=京都市東山区

 第40回全国都道府県対抗女子駅伝(16日、たけびしスタジアム京都発着=9区間、42.195キロ)の監督会議が15日、京都市内で開かれ、群馬県は区間オーダーで4区(4キロ)に1万メートル日本歴代2位(30分45秒21)の記録を持つ不破聖衣来(せいら)(拓大、健大高崎高出身)を起用した。最長の9区(10キロ)には主将の岡本春美(ヤマダホールディングス、常磐高出身)が入った。2大会連続の入賞を狙う。

 不破は昨秋からレースが続いたため、チームは9区起用を見送った。永井聡監督(東洋大)は「まだ成長過程。短い区間をしっかり走れれば」と疲労を考慮。2年前に同じ4区で3人を抜いた不破は「一度走った区間で安心感がある。自信を持って自分らしい走りをしたい」と明るい表情だった。

 1区(6キロ)はスピードのある樺沢和佳奈(資生堂、常磐高出身)、2区(4キロ)は常磐高のエース並木美乃、中学生区間の3区(3キロ)は東日本駅伝8区区間賞の小泉咲菜(伊勢崎四中)と実績のある選手を並べた。永井監督は「うまくいけば、4区で首位に立てる」と先行逃げ切りを図る。前橋富士見中2年当時から9大会連続出場(中止の昨年は除く)となる樺沢は「先頭集団に食らい付きたい」と気合十分だ。

 5、6、7区は高校生3人が任された。アンカーの岡本は「後輩たちからどの位置でたすきをもらっても、一つでも順位を上げたい」と意気込んだ。

 事前の本県登録メンバーから荻野実夕(ヤマダHD)が外れ、今美里(太田女高)が控えに入った。

【本県区間オーダー】

▽1区(6キロ)

樺沢和佳奈(資生堂、常磐高出身)

▽2区(4キロ)

並木 美乃(常磐高)

▽3区(3キロ)

小泉 咲菜(伊勢崎四中)

▽4区(4キロ)

不破聖衣来(拓大、健大高崎高出身)

▽5区(4.1075キロ)

山田  愛(健大高崎高)

▽6区(4.0875キロ)

清水 愛実(健大高崎高)

▽7区(4キロ)

高橋くるみ(常磐高)

▽8区(3キロ)

落合優希奈(甘楽中)

▽9区(10キロ)

岡本 春美(ヤマダホールディングス、常磐高出身)