出品されたニラを確認する審査員ら

 第18回群馬県にら共進会(県園芸協会、県にら組合主催)が17日、前橋市のJAビルで開かれた。最高賞の県知事賞に瀬戸克昌さん(JA前橋市)が輝いた。

 ニラの品質や生産性向上、消費の拡大を目的に開かれ、県内から21点が出品された。審査員は色合いや長さのそろい具合、葉幅や葉肉の厚みを慎重に比較していた。同組合の土屋芳春組合長は「健康増進や疲労回復に効果があるニラで、コロナ下を乗り越えてもらえたらうれしい」と消費拡大を呼び掛けた。

 県知事賞以外の特別賞は次の通り(敬称略、かっこ内は所属)。

 ▽県農業協同組合中央会代表理事会長賞 浦野学(JA甘楽富岡)▽全国農業協同組合連合会県本部運営委員会長賞 竹内権一(JA佐波伊勢崎)▽上毛新聞社賞 渡辺陽一(JA甘楽富岡)▽前橋青果社長賞 川村孝雄(JA佐波伊勢崎)▽ぐんま県央青果社長賞 吉田孝一郎(JA甘楽富岡)▽長野県連合青果伊勢崎支社長賞 田子行男(同)