高崎高島屋(群馬県高崎市旭町)は18日、バレンタインデー企画「アムール・デュ・ショコラ」の内覧会を開いた=写真。今年はビーガン(完全菜食主義者)やサステナブル(持続可能性)などをコンセプトに国内外100ブランドをそろえる。会期は27日~2月14日。

 永井酒造(川場村)の銘酒「水芭蕉」とタイアップした「ロイスダール」は高崎店限定。パリ発のビーガンショコラ「ルナ・クレアシオン・パリ」など日本初上陸の3ブランド、バナナの食品ロス削減に取り組む「大人なバナナプロジェクト」とのコラボ商品も並ぶ。

 桜庭周清社長は「開催日数やブランドを増やした。新型コロナ感染防止に最大限努力しつつ、多くのお客さまに楽しんでいただきたい」と話す。