会場を盛り上げる館林市出身の木村さん(右)ら

 コロナ禍で活躍の場が激減した若手アーティストがパフォーマンスを披露する「GUNMA ART A LIVE」が22日、群馬県高崎市の高崎芸術劇場で始まった。県内ゆかりの出演者らが古典芸能や歌謡などを披露し、スポットライトを浴びて輝いた。

 東京芸術大音楽学部邦楽科は日本舞踊と小鼓や三味線などを演奏。長唄担当の同市出身、藤舎英心さんは「お客さんに見てもらえモチベーションが上がる」と喜んだ。同市出身の林家つる子さんの落語や館林市出身のモデル、木村ミサさんの司会で会場が盛り上がった。

 県内の高校生が出演アーティストとダンスなどで共演予定だったが、県内がまん延防止等重点措置の対象地域となり部活動自粛となったため高校生とのコラボレーションはかなわなかった。

 23日まで。歌手のRIRIさん、アイドルの「新しい学校のリーダーズ」など県内ゆかりのメンバーが出演する。ライブ配信(千円)もあり午後5時の開演1時間前まで販売。同ライブ特設サイトなどから購入できる。