「コロナは本当に恨めしい。でも、明らかに違う生活の仕方ができることに、いろいろな人が気付いたのでは」と話す安彦。制作の姿も大きく変わった 「コロナは本当に恨めしい。でも、明らかに違う生活の仕方ができることに、いろいろな人が気付いたのでは」と話す安彦。制作の姿も大きく変わった

 漫画家、安彦良和(74)は、連合赤軍事件から50年後の社会をいかに見つめているのか。  ―〈人は、人がつく...